tkmiumのブログ

tkmium-note

プログラミング中に気づいたことや日々の記録を書いていきます。情報関係基礎の解説記事等も作成します。

【Vuforia】カメラがズームして表示されてしまう場合の対処法

Vuforia AR Camera zoomed in when building for iOS

こんにちは。マツシマです。

 

現在、Unity×VuforiaでARアプリ開発をしているのですが

iPad Air2にビルドしたところ、カメラの映像がズームして表示されてしまう現象(バグ?)に遭遇しました。

 

とりあえずの対処法がわかったので記録しておきます。

 

 

 

当方の環境

Unity 2018.2.13f

Vuforia v7.5.26

iPad Air2 iOS12.0.1

 

どういう現象なのか

まずはiOSに標準インストールされているカメラアプリで写した場合の画像を以下に示します。

f:id:tkmium:20181021175648p:plain

次に、Vuforiaで作成したアプリを通して見た場合の画像を以下に示します。

f:id:tkmium:20181021180033p:plain

両方同じ位置(固定)から撮影しています。

 

vuforiaを通したとき、拡大されて表示されてしまいます。

今回、iPadを固定する台を作成したのですが、

標準カメラアプリでの位置で作成したので困ってしまいました。

 

解決法

解決法はvuforiaのdeveloper potalで発見しました。

f:id:tkmium:20181021181213p:plain

 

ARCameraのCamera Device Modeを「MODE_OPTIMIZE_SPEED」に変えるととりあえず解決します。

f:id:tkmium:20181021130145p:plain

QualityやDefaultにしていると、拡大されてしまうことがあるようです。

 

しかし、あくまでも「とりあえず」の対処法です。

試してみたのですが、私の環境では画質が低下してしまいました。

 

どうにかして、画質は確保したまま表示するようにできないか今後検討していきたいと思います。

 

参考文献

developer.vuforia.com

developer.vuforia.com

developer.vuforia.com