tkmiumのブログ

tkmium-note

プログラミング中に気づいたことや日々の記録を書いていきます。情報関係基礎の解説記事等も作成します。

micro:bit(マイクロビット)でプログラミング(2 : 温度センサーの利用)

こんにちは。マツシマです。

今回はマイクロビットの温度センサーを使ってみたいと思います。

温度センサーはどこにある?

f:id:tkmium:20190106121424j:plain

(画像 : 機能 | micro:bit より)

 

温度センサーはProcsssorの中に内臓されています。

 

温度計サンプルプログラム

今回のプログラムはGitHubで公開しています。必要な方はダウンロードしてお使いください。Clone or download -> Download ZIP でダウンロードできます。

github.com

 

温度表示のみのサンプルプログラム

まずは表示してみる。

f:id:tkmium:20190106121744p:plain

JSなら以下

f:id:tkmium:20190106121840p:plain

実装!マイクロビットをUSBで繋げて、.hexファイルを転送します。

f:id:tkmium:20190106125122g:plain

 

手で温めると、温度が上がっていきます。

 

温度+単位表示

単位(℃)を表示しようとしたのですが、どうやらマイクロビットで「℃」の表示はできないもよう。

仕方がないので、"LED画面に表示"ブロックで代用することにします。

f:id:tkmium:20190106124439p:plain

 

温度+℃表示のプログラム

f:id:tkmium:20190106125517p:plain

JSなら以下

f:id:tkmium:20190106125609p:plain


実装!マイクロビットをUSBで繋げて、.hexファイルを転送します。

f:id:tkmium:20190106124531g:plain

ボタンが押されたら温度が表示される

せっかくなので、ボタンも使ってみましょう。

この場合、もしボタンが押されたら〜という条件分岐の処理になるので論理ブロックを使おうと思ったのですが、

f:id:tkmium:20190106130208p:plain

マイクロビットには入力検出のブロックが用意されていました。

f:id:tkmium:20190106130252p:plain

今回はこの「ボタン[A]が押されたとき」ブロックを使うことにします。

 

プログラム

f:id:tkmium:20190106130434p:plain

JSなら以下

f:id:tkmium:20190106130512p:plain

 

実装!マイクロビットをUSBで繋げて、.hexファイルを転送します。

f:id:tkmium:20190106131043g:plain

 

感想

あまりプログラミング!って感じではないですが、コンピュータ上だけでなく現実で見て・触って確認できるのがいいですね。

次はLEDを使ってみようと思います。

 

 

www.tkmium.tech