tkmiumのブログ

tkmium-note

プログラミング中に気づいたことや日々の記録を書いていきます。情報関係基礎の解説記事等も作成します。

基本情報技術者試験の結果発表と勉強法

本日5/16は基本情報の合格発表日です。

 

結果は...

 

 

基本情報合格してました!
やった〜〜〜( ・ω・)/

 

4/15日に福岡工業大学基本情報技術者試験(通称FE試験)を受けていました。

結果発表まで1ヶ月…長かった〜😅😅

  

今回の合格率↓

 

追記!上の図は合格者/応募者でした!合格者/受験者はかなり合格率が高いです。秋は注意難化する可能性があるので注意!

 

目次

 

 

[なぜ受けようと思ったか]


まず、なぜ基本情報を受けようと思ったかなのですが、昨年福岡県が通常の教員採用試験とは別に1人だけですが情報科の教員を採用すると発表した時、必須資格として教員免許と基本情報技術者試験以上の資格が挙げられていたからです。

実をいうと資格等に全く興味がなかったので○○情報技術者試験っていう名前は知っていてもどんな試験なのかすら知りませんでした。

 

[とりあえずどんなものか知ろうと…]


それでネットで探すと「2週間で合格!」「1ヶ月で合格!」という記事がゴロゴロ出てくるので、『意外と簡単なのか』と思っていざIPAのサイトから過去問をダウンロードして解いてみると…

┐( ∵ )┌<ゼンゼンワカラン

とまあ当然ですけど全く解けませんでした(特に午後)
午前は過去問やれば大丈夫かな?っていう感じだったのですが、
午後が本当に全く解けませんでした。

・情報セキュリティ、ハードウェア(ソフトウェア)
辺りは午前に引き続きなんとかなりそうなものの

・データベース(授業とらなかったのでそもそも知識がない)
・ネットワーク
アルゴリズム(チンプンカンプン)
C言語

この辺りを解いて『あっ、これはちゃんと勉強しないとダメなヤツや』と思いました。

29年秋を受けた友達も半年間学校の講座を受けたりして挑んだものの午後が数点足りなかったと話していたので、まずは勉強に使う良さげな参考書選びから始めました。


[自分に合った参考書選び]


まずは大学図書館に篭って良さげな参考書を探していきました。
キタミ式, 柏木先生,うかる!シリーズ,なんかペンギンのやつ
などなどを読んでみると、

福嶋先生のうかる!シリーズが分かりやすいなと感じたので、大学生協で午前・午後ともにうかる!シリーズを購入しました。

先生と生徒の会話形式で進めていくので、個人的にはキタミ式などよりわかりやすいなと感じました。
ただ、キタミ式のように図がたくさんあったほうが分かりやすいという方もいるので、1度図書館等で自分に合う参考書を探してみるといいと思います。


[勉強の手順]


まずはアルゴリズムから始めるといいとどこかで読んだので(「2週間で合格」ブログのどれかだと思う)、まずはうかる!のアルゴリズムから勉強を始めました。

最初はトレーストレーストレース……
なんだか基本的なことなのに苦戦したので、いままでちゃんとしてこなかったんだなと痛感。
アルゴリズムとデータ構造で学んだはずのソートアルゴリズムもすっかり頭から抜けていたので、ひたすらトレースしてどんな動きをするのか確認していきました。

ちょっと慣れてきたかなというところで、午前対策、SQL対策等を並行して勉強していきました。

午前はもっぱらうかる!シリーズ、SQLは(実行すれば理解できる!)で勉強しました。

一通り参考書での学習が終わったら、あとは過去問演習に移りました。

基本情報技術者試験ドットコム

さんもかなり充実しているのですが、午後の解答が無かったりするので、ペンギンの過去問題集を買いました。ペンギンの過去問題集はpdf形式でダウンロードできるので、持ち運びを気にしなくていいのがグッド👍です。

一応試験までに、アルゴリズムは29秋〜21春まで全て一通り解きました。回ごとに難易度全然違うやんけと文句を垂れながら福嶋先生の解説動画で理解を深めていきました。

午前の過去問は29春秋,28春秋,27春秋と3年分計6回解きました。同じ問題も多いので、すぐに正答率は上がっていきます。

午後のアルゴリズム以外の過去問は29秋,28春秋,27春秋,26春を解きました。29春は解いたつもりになっていて忘れていました。
最後に解いたのは26年春です。

 

[勉強期間と勉強時間]


私はstudyplusというサイトで日々の勉強時間を記録していってるのですが、2月下旬から勉強を始めて、結局3ヶ月弱で計120時間くらい勉強していました。多くてビックリ。でもあと1週間欲しかったなと思いました。
大学の授業をもっと真面目に受けていればかなり短縮出来たのではないかと思います…😅

f:id:tkmium:20180516125656j:image


f:id:tkmium:20180516125710j:image

 

[午後選択問題]


30春、私は1,2,3,6,7,8,13を選択しました。

最初の過去問演習2回で全ての大門を解いた感じなんとなく2のハードウェア(ソフトウェア)と3のデータベースは簡単、6のマネジメントと7のシステム戦略は読み物というイメージが着いてしまったので、ずっと2,3,6,7を選んでいました。

26年の過去問を解いた時に知ったのですが実はデータベースは出ない年もあるという……
データベース出ないこともあると知ったのが試験数日前だったので絶対出ろよ!と念じていました。

ネットワークは難しいイメージだったので、なるべく本番では解きたくなかったのです。


言語問題で13の表計算を選んだのは、将来自分が就く職業のことを考えると、プログラム書いてる時間よりエクセル相手にしてる時間の方が長いだろうなと思ったからです。

Cを大学で触っていたのでCを勉強したほうが早かったかもしれませんが、せっかく勉強するなら将来役に立つ方がいいよね。

表計算の方が簡単か?と言われると微妙ですね。表計算独特な表現方法を覚えたりしないといけないですし(問題冊子の裏に付いてますが)問題が長いので読むのが大変です。触ったことある言語で挑むのがいいかもしれません。


[時間配分]


・午前は20問30分で解くのを目安にしていました。全体で80問なので2時間で終わる計算ですが、正直午前は時間が余りまくるのであまり時間配分は気にしなくていいのかなと思います。

・午後
アルゴリズム&選択(8~13-)問題はともに30分前後
それ以外は15~20分前後
で解くと良いと思います。

私は午前は1時間くらい余ったので、早めに退室して長めに休憩しました。リラックス大事。

午後は、『あとちょっとで解けそう!』という気持ちから↑の時間配分を無視して解いてたら最後時間が足りなくなって見直し出来ませんでした。↑の配分通りにやれば15分くらいは見直し出来たはずなのに…
2のハードウェアで凡ミスしてたりしたので、やっぱり見直しは大事だなと痛感しました。

あと、見直しの時間がないと試験終わってからちゃんとマークしたかひたすら心配になるという笑

 

[おすすめ参考書]


・うかる!シリーズ(午前・午後)
うかる!シリーズの良いところは動画解説が豊富なところですね。
問題を解いて分からなくなったらよく動画を見てました。午前も午後もうかる!シリーズで対策しました。

・これでナットク!基本情報技術者[午前] マネジメント/ストラテジ集中対策
この本は試験の3日前に大学図書館で見つけて借りたものになります。
過去問を解いた感じテクノロジは結構とけるのにマネジメント/ストラテジが弱いなと思っていたので、試しにバーっと読んでみたら試験に大いに役立ちました。
試験直前に詰め込むのにいいと思います。図書館で借りる程度で十分。

 

[おすすめサイト]


基本情報技術者試験ドットコム

www.fe-siken.com


・実行すれば理解できる!

sql.main.jp


[最後に]


私自身受かったとはいえそんなにいい点数とは言えないですし、午後はケアレスミスと対策不足が目立ったのが少し心残りです。

教員採用試験があったりするのと、基本情報を取るという当初の目的は達成したのでもうしばらくはこういった試験を受けることはないかな?と思います。

しかし、基本を取ったら応用も取りたくなるというのが人間の性……うまく時間を作れれば来春は応用か上位試験かを受けてみようかなーと思っています。

まずは、教員採用試験の勉強ですね。教育実習などもあるので、頑張ります。その意味で基本情報は情報科の採用試験対策にもなったと思うので一石二鳥でした。