tkmiumのブログ

tkmium-note

プログラミング中に気づいたことや日々の記録を書いていきます。情報関係基礎の解説記事等も作成します。

身近に潜むデジタルデバイドの話

こんにちは。マツシマです。

 

正月頃なので少し前の話になるのですが、身近なところに潜むデジタルデバイドを見つけたので記事にしておきます。

 

 

 

デジタルデバイドとは

デジタルデバイドとは、コンピュータやインターネットなどの情報技術(IT:Information Technology)を利用したり使いこなしたりできる人と、そうでない人の間に生じる、貧富や機会、社会的地位などの格差。個人や集団の間に生じる格差と、地域間や国家間で生じる格差がある。

出典 :

e-words.jp

 

 

以下ツイッターから引用(書くのがめんどくさかったとも言う)

 

とまあこんな感じです。

私の母に限らず、こういうのに引っかかってる人って意外に多いと思う。

この血圧測定アプリに対する私の見解

 

本当に作るのは楽勝だと思う。年齢とかに合わせて適当に数字出しておけばいいんだからね。あとは情報弱者にアフィリンク踏ませてがっぽがっぽよ....(?)

 

googleやappleも内容までみていないんだろうなっていうアプリ、結構巷には多いですよね。もっと審査基準を厳しくしたらいいのに。

 

デジタルデバイドをどうやって解消していくか

正直デジタルデバイドをなくすって言うのは無理があると思います。日頃ほとんど情報機器に触れる人と触れない人では、リテラシー的側面でもかなりの差があるからです。

しかし安価なIT講習会やパソコン教室の無料体験会などを定期的に開いて習得機会を増やす、学生には学校全体での習得促進、都市部過疎部共に整ったネットワークサービスなどで少しずつですが解消に向かうことはできるのではないかと思います。

スマホしか使えない学生の話も聞きますし、時代に合わせて学習機会を増やす努力をしないといけませんね。